CURRENT SHOW >>
 

展示会のお知らせ

Aaron Rose “BAGGAGE CLAIM”
2021年12月10日(金) - 2022年1月29日(土)
1-7pm 日曜・月曜休
(12月26日から1月5日はお休みとなります)

“人生はシンボルの辞書にすぎず、人は存在する意味を知るため日々シンボルを探して生きている。
日常のありふれたものからスピリチュアルなものまで、シンボルはカオスを鎮める象徴ともなり、 人類がひとつの種族であることを教えてくれる。”
-Aaron Rose

最近旅したニューメキシコ州タオスとメキシコシティーに影響を受けた”BAGGAGE CLAIM”。
これまでの作品同様、古代より受け継がれてきた神聖幾何学をルーツとするシンボルやイコノグラフィーに 現代のカルチャーをクロスオーバーした作品が展示されます。

“文筆、キュレーション、フォトグラフィー、フィルムなどの仕事もするが 自分では主にペインターだと思っている。 以前から個人的にはキャンバスにペイントすることがなんとなく大げさに感じるというか、 気がひけるような違和感があり、社会から廃棄されたものに宿る固有の美しさに惹かれて スーツケースやギター、ランプ、椅子などにペイントするようになった。
ものが持つ奥行きや多次元さに魅了されて作品を”オブジェクト・ペインティング”と呼び、 アングルや面の一つ一つに多様な人生観を描き、個体として「存在」を表現している。
作品には個別のストーリーがあり、そのどれもがパーソナルで自分の崇高な理想や ダークな感情を浮き彫りにしているが、根底には愛が永遠のテーマとして存在している。”

アーロン・ローズの日本初個展、どうぞお見逃しなく。

※アーティストの来日はありません。
※感染症予防のためマスク着用と手指の消毒にご協力ください。

……………………………

⁡ ⁡Aaron Rose “BAGGAGE CLAIM”
December 10, 2021 - January 29, 2022
1-7pm / closed Sundays & Mondays

‘Glass Eye’ new works by Ara Peterson

アラ・ピーターソン "Glass Eye”
2月8日 - 3月28日
オープニングレセプション 2月8日(土) 18:00-


マサチューセッツ出身。RISD (ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン)で映像とアニメーションを学び、2000年代から世界各国で個展を開催。

ウォールマウントアートを立体的なオブジェクトとしてとらえることの可能性をさらに深く追求し、彼の代表作とも言える映像がフリーズした瞬間を切り取ったような複雑なレリーフの作風から一転、新作Glass Eyeはクラシックピンボールがデザインソースとなり、大胆なラインのペインティングにファウンドオブジェクトを象徴するガラスのディスクが埋め込まれた極端なまでにミニマルな作品集となっています。

本展はアラ・ピーターソンにとって日本における初個展となりますが、彼の一面を表すマニアックで緻密に計算された作品はとても面白く、多くの皆さんに見ていただきたいと思います。レセプションは本人も在廊しますので是非会いにいらしてください。


‘Glass Eye’ new works by Ara Peterson

February 8 - March 28

Further exploring the possibilities of wall mounted art as object, these pieces are newly focused, drastically pared down compositions in wood, glass and paint. Bold surface design and embedded glass discs hint at emerging characters. Simultaneously revealing, concealing and distorting, inspired by details in classic pinball playfield art and the potential of found objects.

The exchange rate of Japanese yen per dollar is 110.83 yen.